HDD-SEL5出荷完了品


サポート
現在のところ、後継/代替品を販売する予定はございません。また、保守部品/付属品がご用意できないため、修理を承ることができません。 (2014-12-19)

2系統2台ずつ計4台のSATA機器を電源切替できます。マルチブートを簡単構築!

完了日
  • 2010年11月02日
特徴
  • 最大4台のHDDを電源切替できる5インチベイユニットです。
  • 2系統2台ずつ計4台のHDDを接続できます。
  • 片方のHDDが電源オフになることで、各HDDが安全に隔離されたマルチOSやマルチユーザー環境を構築できます。
  • また、システムは別にHDDを用意し、データ保存先としてのHDDを切り替える用途にも使用できます。
  • 接続している機器全ての電源を切る「OFFモード」搭載。
  • 使用中は、動作中の電源遮断を防ぐ動作モード固定機能が働きますので、誤ってつまみを回してしまっても安全です。




仕様
  • 5インチベイ用HDDセレクタ本体
  • 電源ケーブル×2 (大4ピンメス → SATA15ピンメス×2/約40cm)
  • 固定用ネジ×4
ご注意
  • 本製品は電源をオン/オフするだけの製品です。PCの動作はBIOS設定やOS/ドライバに依存します。本製品が起動するOSを選択するわけではありません。
  • 入力側と出力側を誤って接続した場合、HDDを損傷するおそれがあります。
  • A+Bモードを選択した場合は、BIOS設定画面を立ち上げてHDDの起動順位を確認してください。BIOS設定の詳細は、ご使用のマザーボードのマニュアルをご覧ください。
  • Linuxなどの一部のOSでは、A+Bモードを選択した場合にMBR情報が書き換えられて起動できなくなる場合があります。
  • M/Bによってはその都度BIOS設定で起動ディスクを選択する必要があります。一部のM/Bでは、抜き差しして消えたデバイスは再接続時に一番下に送られ、設定した起動順位を記憶していません。 (ASUS製品での報告例があります)
  • HDDを切り替える場合、電源を落としてシステムを一度終了する必要があります。リセットボタンを押しても、実際には電源がオフ状態にならないため、モード切替はできません。
  • 入力側コネクタは必ず両方に接続してください。片方の入力側コネクタのみ接続した場合は正常に動作しません。
  • 本製品は4ピンコネクタの5V/12VをシリアルATA電源コネクタの5V/12Vピンに順番変換しています。3.3Vは供給できませんので、3.3Vを必須とするデバイスはご利用いただけません。
サポート
  • 現在のところ、後継/代替品を販売する予定はございません。また、保守部品/付属品がご用意できないため、修理を承ることができません。 (2014-12-19)
  • 本製品は一般的な5インチベイ用機器よりパネルの幅と奥行が大きいです。幅149.5mm、奥行20.5mm (公差±0.15mm)。パネル奥行の寸法内にシャーシが位置する場合、シャーシもパネル幅寸法に対応している必要があります。 (2010-10-29)
  • 製品は入力側コネクタの色が黒になります。 (2010-10-06)
  • 本製品使用時に動作がおかしいと感じた場合、本製品無しに直接接続で同じ状態を再現し、同様の症状が出るかご確認ください。 (2010-09-28)
  • つまみの高さは8mmです。 (2010-09-28)
出荷開始日
  • 2010年10月7日