ナビゲーションをスキップ

[WA-020、WA-021、WA-030、WA-031、FX-3002] トラブルシューティング


最終更新日 2008年8月13日

対象製品
WA-020、WA-021、WA-030、WA-031、FX-3002

本製品は使用環境によっては、対応しないか正常動作しない場合があります。製品は汎用品であり、全ての組み合わせにおいて動作を保証するものではありません。

デバイスを認識しない/正常動作をしない/速度が遅いなどの場合、以下の項目をご確認ください。

  1. HDDメーカー提供のソフトウェアで、HDDをUDMA2モードに固定してください。
  2. ケーブルを接続する製品の場合、ATA/66以上のケーブルからATA/33のものに変更してください。
  3. BIOS設定で、HDDをUDMA2モードに固定してください。
  4. デバイスマネージャで転送モードをDMAからPIOに変更してください。
  5. (FX-3002のみ) ケーブルの接続順を変えてください。

1. HDDメーカー提供のソフトウェアで、HDDをUDMA2モードに固定してください。

  • 作業: 難しい
  • 効果: 高い

一番効果の高い方法です。

ソフトウェア (HGSTのFeature Toolなど) を使用し、HDDを直接設定変更します。

HDDメーカーによってはソフトウェアが無いために変更できません。

2. 別途IDEケーブルを接続する製品の場合、ATA/66以上のケーブルからATA/33のものに変更してください。

  • 作業: やや簡単
  • 効果: やや高い

WA-020、WA-030、FX-3002が該当します。

HDDメーカーのソフトウェアが無い場合、効果が高い方法です。

3. BIOS設定で、HDDをUDMA2モードに固定してください。

  • 作業: 簡単
  • 効果: やや低い

M/Bによっては変更できません。

4. デバイスマネージャで転送モードをDMAからPIOに変更してください。

  • 作業: 簡単
  • 効果: 低い

デバイスマネージャで、デバイスを接続しているコントローラのプロパティを変更します。表示をデバイス (接続別) にするとコントローラが探しやすいです。

M/Bによっては変更できません。

5. (FX-3002のみ) ケーブルの接続順を変えてください。

  • 作業: やや簡単
  • 効果: やや低い

弊社検証ではデバイス (HDD) 側に接続した方が、安定動作する可能性が高いです。

ご注意

上記内容は弊社による検証の結果であり、環境によっては異なる場合があります。

上記内容は参考情報として提供するもでのあり、設定方法についてのご質問にはお答えすることはできません。

重要

他社の製品・ウェブサイトは参考情報として提供するもでのあり、弊社が内容を推奨または保証するものではありません。記載の内容を利用したことにより生じた直接、間接の損害につきましては弊社はその責を負いません。