ナビゲーションをスキップ

[ケース用1394ケーブル] 結線仕様について


最終更新日 2011年7月29日

対象製品
IEEE 1394内部ケーブルおよびIEEE 1394内部ケーブル搭載製品(FW-001、FW-002、FW-002A、FW-003、FW-004、PF-022、RS-020、RS-022など)
質問
  • 信号名が接続先と異なるためどこに接続すればよいのかわかりません。
  • 接続先とピン数が異なります。どこに接続すればよいのでしょうか。
  • 相手先のケーブルと接続する場合は、同じ色同士をつなげるだけで問題ありませんか。
回答

下記表および製品ラベルを参考に、該当する相手先コネクタに接続してください。

単純に同じ色同士をつなげないでください。IEEE 1394内部ケーブルの色はFront Panel I/O Connectivity Design Guide(以下ガイドライン)で定められていないため、色と用途が一致しないことがあります。

Front Panel I/O Connectivity Design Guideとの違い
2x5ピンコネクタの場合(FW-001、FW-003、PF-022、RS-020、RS-022)
製品ラベル記載のピン番号 製品ラベル記載の信号名 該当するガイドライン記載の信号名 ガイドライン記載のピン番号
1(橙) DataA- TPA- 2
2(青) DataA+ TPA+ 1
3(黒) グラウンド GND 4
4(黒) グラウンド GND 3
5(赤) DataB- TPB- 6
6(緑) DataB+ TPB+ 5
7(白) 電源 +12V(Fused) 8
8(黒) 電源 +12V(Fused) 7
9(黒) シェル GND 10
10 なし KEY 9

FW-003のオスコネクタは1番の開始位置が異なりますのでご注意ください。ガイドライン記載のピン番号と同一になっています。

バラ6ピンコネクタの場合(FW-002、FW-002A、FW-004)
製品のケーブル色 製品ラベル記載の信号名 該当するガイドライン記載の信号名 ガイドライン記載のピン番号
DataA- TPA- 2
DataA+ TPA+ 1
グラウンド GND 3、4、10のいずれか
DataB- TPB- 6
DataB+ TPB+ 5
電源 +12V(Fused) 7、8のいずれか

相手先が6本以上に分かれていて電源/グラウンドが複数ある場合は、それぞれ1つに接続すれば問題ありません。

FW-002Aは製品ラベル記載の信号名をガイドライン記載の信号名に合わせています。

  • M/BのIEEE 1394ピン配列は各社で著しく異なりますのでご注意ください。
  • コネクタ配列が異なるマザーボードはピン配列変換ケーブルEX-001EX-002もあわせてご利用ください
  • 誤った接続をした場合、マザーボードあるいは接続した周辺機器を損傷するおそれがあります。
参考情報
Form Factors
Front Panel I/O Connectivity Design Guide
重要
他社の製品・ウェブサイトは参考情報として提供するものであり、弊社が内容を推奨または保証するものではありません。上記リンクを利用、また記載の内容を利用したことにより生じた直接、間接の損害につきまして弊社はその責を負いません。